コラム
ビクアスクリニック秋葉原 (旧:秋葉原中央クリニック) / コラム / コラム / ホルモンが関係している?妊娠中に脱毛するのがダメな理由を解説
2018年01月16日 コラム

ホルモンが関係している?妊娠中に脱毛するのがダメな理由を解説

妊娠してから脱毛をしようとサロンやクリニックに行ったところ、処置を断られたという方もいるのではないでしょうか。基本的に、妊娠中の脱毛は認められていないようです。

肌にレーザーを照射するだけなのに、なぜ妊娠中に脱毛してはいけないのか疑問に感じている方もいるでしょう。実は、妊娠中の脱毛には様々なリスクがあるのです。また、産後に授乳をする場合も脱毛を断られるケースがあります。

ここでは、妊娠中に脱毛するのがダメな理由や妊娠中のムダ毛処理などについてご紹介します。

妊娠中に脱毛してはいけない理由とは

妊娠中は、ホルモンバランスや血流の増加など様々な変化が起こります。そのため、これまでに問題なくできたことができなるケースがあるのです。

妊娠中の脱毛を断られる理由は次のとおりとなっていますので、参考にしてください。

肌への負担が大きい

妊娠中はホルモンの関係で肌が敏感になるため、脱毛すると肌トラブルが起きたり、強い痛みを感じたりする可能性があります。

毛周期が乱れている

光やレーザーの照射は、毛の生え変わりの周期である毛周期のうち成長期に照射する必要があります。妊娠中はホルモンの影響で毛周期が乱れているため、脱毛を受けても十分な効果が現れない可能性があるでしょう。

毛が太くなる場合がある

妊娠中はホルモンバランスの影響で、レーザーの照射によって毛が太くなりやすいといわれています。毛が太くなることで毛深く見えるため、施術を受けるのは逆効果になるかもしれません。

体調が変化しやすい

妊娠中は少しのことで体調が変わるため、脱毛の際に痛みを軽減する冷却を行うだけで体調を崩す可能性があります。また、長時間仰向けになることで低血圧になり、体調を崩す可能性もあることも理由の一つです。

脱毛の処置に限らず仰向けになることは避けたほうがよいでしょう。

妊娠中のムダ毛処理はどうすればいいの?

02

それでは、妊娠中のムダ毛処理はどうすればよいのでしょうか。

できるだけ肌への負担が軽い方法で処理するのが望ましいでしょう。おすすめは、カミソリと除毛クリームです。ただし、いずれも肌に少なからず負担がかかるので、肌の調子が悪い場合はムダ毛処理そのものを避けるようにしてくださいね。

カミソリは、シェービングクリームをたっぷりと塗って、肌の上を滑らせるように処理していきます。除毛クリームは毛を溶かす成分が含まれていますが、同時に角質も溶かすため、パッチテストをしてから使用しましょう。

なお、電気シェーバーであればカミソリや除毛クリームよりも少ない負担で処理できます。ただし、毛がすぐに生えてくるので頻繁にお手入れをすることになるでしょう。

いずれにしても、処理の後に化粧水や乳液で入念に保湿ケアをして、肌トラブル対策をすることが大切です。

産後に施術を再開することはできる

脱毛に通っている途中で妊娠が発覚した場合、解約するか休止することになります。多くのクリニックでは、残りの施術回数を残したまま出産まで待ち、状況が落ち着いてから再開できる制度を整えているようです。

授乳中もホルモンバランスの変化によって脱毛効果を得られにくいため、できるだけ授乳後に再開することをおすすめします。授乳中は母乳に薬の成分が移行する可能性があるため、使用できる薬の種類が大きく制限されることも理由の一つです。

まとめると、母乳が出なくなってから2~3回の生理を迎えた後に再開するのがよいということになります。

おわりに

妊娠中には、基本的に脱毛できません。これは、ホルモンバランスの影響で肌が敏感になっていることや、毛周期が乱れていることなどが理由です。妊娠を隠して受けたとしても、十分な効果を得られなかったり、毛が太くなってしまったりする可能性があります。

また、授乳後も同じようなことになる場合があるので、母乳が出なくなってから2~3回の生理を迎えた後に再開しましょう。

きめ細やかなカウンセリング・診察で、
最適な治療をご提案致します。

患者さまの状態を丁寧に診察し、ご要望やお悩みをお伺いしたうえで、
お一人お一人に最適な治療プランをご提案させていただきます。
もちろん、無理な治療の押しつけは致しません。

ご不安な点・気になる点がございましたら、お気軽に何でもご相談ください。

ビクアスクリニック秋葉原 (旧:秋葉原中央クリニック)

ご予約・お問い合わせ

当クリニックは完全予約制です。受診をご希望の方は、電話・メールフォームよりご予約をお願いいたします。