01

彼氏の態度が急変したらセルフチェック!ワキガ臭をはなつ身体の部位6つ

ワキガ臭は汗の臭いとは異なり、とても独特な臭いがします。彼氏など身の回りの人の態度が急変した場合は、どこかでワキガが発生

01

近頃の女性は薄毛で悩んでいる?女性の薄毛の原因と最新の治療法について

薄毛といえば男性特有の悩みと思っている方もいるでしょう。最近では、薄毛に悩む女性が増えているといわれています。 で

01

敏感なデリケートゾーンのワキガに最適な切らないワキガ治療「ビューホット」

女性のデリケートゾーンから、あのワキガ特有の臭いが発生する「スソワキガ」という症状をご存知でしょうか。女性にとってはとて

脱毛した日にアルコール飲料を飲んではいけない?その理由について

01


日々の自己処理の手間を大きく減らすことができる医療脱毛は、ムダ毛処理に追われている方におすすめの施術です。高出力の医療レーザーを使用するので、サロンの光脱毛よりも高い脱毛効果が期待できます。

しかし、医療脱毛を受けるうえで様々なことに注意が必要なことをご存知でしょうか。その一つが、脱毛の施術を受けた日のアルコール飲料の摂取です。脱毛した日はアルコールの摂取を避けるよう医師や看護師から説明を受けることになります。

ここでは、脱毛した日にアルコール飲料を飲んではいけない理由と、もし飲んでしまったらどのようなことが起こるのかをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

注意したいアルコール飲料

アルコール飲料は、ビールや梅酒、ウイスキー、ウォッカなど一般的に広く知られているもの以外にもあるので、アルコールが含まれているかどうか事前に確認しておきましょう。なお、料理酒などは火にかけてアルコールを飛ばして使うことが前提なので、気にすることはありません。

アルコール飲料を飲むと、血行が促され、肌が赤みを帯びてかゆみを感じることがあります。

脱毛した日の飲酒が禁止の理由

02

なぜ、脱毛した日に飲酒してはいけないのかと言うと、アルコール飲料の摂取によって肌がかゆくなり、かいてしまうことによって肌がダメージを受けるからです。

脱毛では、医療レーザーを肌に照射するのですが、肌が軽い火傷を負った状態になります。そのため、脱毛した日は肌が刺激に弱くなっています。そのような肌をかいてしまうと、健康な肌をかく場合と比べて強いダメージを受けてしまうのです。

脱毛を受ける前日の飲酒は問題ありませんが、脱毛を受ける日の飲酒は避けた方がよいでしょう。飲酒によって赤くなった肌にレーザーを照射すると、強い痛みを感じたり、術後の肌トラブルが強く現れたりする可能性があります。

もし、脱毛後の飲酒によって肌が赤くなってしまったら、処方されている軟膏を塗りましょう。すぐに赤みを消すことはできませんが、改善を早めることができます。また、氷水などで患部を冷やすのもおすすめです。

肌に炎症が起こり、強くかきむしることで、痕が残ってしまうことがあります。かかないと決めていても、無意識のうちにかきむしることもあるので、飲酒は絶対にしないと決め手おいた方がよいかもしれません。

会社の飲み会などが脱毛する日に入ってしまったら、脱毛を受ける日を変更することをおすすめします。

身体を温めることを避けよう

飲酒に限らず、脱毛後に身体が温まる行為を避けることが大切です。飲酒の他に身体が温まる行為には、入浴や運動などがあります。

入浴

シャワーを軽く浴びる程度であれば問題ありませんが、熱すぎるシャワーは皮膚の乾燥を招きます。乾燥すると肌が刺激を受けやすくなるので、ぬるめのシャワーを浴びましょう。湯船には浸からず、温泉に入ることも避けることが好ましいです。

運動

ジョギングやサイクリングなどの運動も身体が温まります。また、汗によって肌が刺激を受けることもあるので、脱毛する日の運動は避けた方がよいでしょう。

紫外線

屋外での運動などで紫外線を受けることで、肌にダメージが及ぶ恐れがあります。日焼けするほどの強い紫外線を受けると、湿疹やただれなどの肌トラブルが起こる可能性があるので注意しましょう。

マッサージ

マッサージも身体を温める行為です。美容に気を遣う日として、脱毛の前後にエステなどで施術を受ける方もいるようですが、かえって肌にダメージが及ぶ恐れがあるので避けた方がよいでしょう。

おわりに

脱毛した日にアルコール飲料を飲むと、身体が温まることで肌が赤くなります。場合によっては強いかゆみを感じてしまい、かきむしることで肌が傷だらけになってしまうこともあるのです。脱毛の前後の飲酒は避けて、正しく医療脱毛を受けましょう。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます