コラム
ビクアスクリニック秋葉原 / コラム / 妊娠・授乳期間の脱毛は可能?毛の処理方法について
2024年02月06日

妊娠・授乳期間の脱毛は可能?毛の処理方法について

脱毛について、妊娠・授乳期間で気になる点がある方は多いのではないでしょうか。脱毛による胎児への影響、診察時のムダ毛の心配、レーザーの光の母体への影響など、妊娠・授乳期間の脱毛についての様々な疑問があると思います。

ここでは妊娠から授乳、産後の脱毛について詳しくご紹介しますので、ご参考にしてみてください。

妊娠中の脱毛はNG!

脱毛は妊娠中・授乳中に影響があると医学的に証明されているわけではありませんが、基本的に妊娠中・授乳中の脱毛は中止するのが好ましいでしょう。

なぜNGなのか?

なぜ妊娠中・授乳中に脱毛がNGなのか。その理由をいくつか詳しく見ていきましょう。

肌トラブルが起きやすい為

妊娠中は特にホルモンバランスの変化から肌が敏感になり、肌トラブルが起きやすくなっています。また、プロゲステロンというホルモンの分泌量が多くなり皮脂も多く分泌される影響からニキビに悩まされる方も多くいます。  生理中も肌荒れが起きる場合がありますが、妊娠中は生理中とは違ったホルモンバランスになり、肌荒れ・便秘・肌の黒ずみなどが起きる場合があるので、妊娠中は特に脱毛は好ましくないと言えます。

心も体も不安定な為

ホルモンには体調を安定させる働きがあり、タイミングと分泌量が適切でないとバランスが乱れてしまい、心と体共に不調が見られる場合があります。脱毛の施術は時間がかかるので、体調がすぐれない期間に長時間同じ体制でいることで予期せぬ体調不良を引き起こす恐れがあります。また鼻が敏感になる為、施術中のにおいやクリニックへの行きかえりの場所でのにおいなどでつわりや体調不良を引き起こす可能性もあります。

授乳中もまだホルモンの安定が難しい上に産後の忙しい環境下でのストレスがある為、産後1年程は様子を見ていた方が安心です。

トラブルの対応が難しい為

妊娠中は炎症や体調不良が起きた場合処方できるお薬が限られます。なにか脱毛期間にトラブルが起きた場合、胎児や母体に影響を及ぼす薬などは処方できないのでトラブルへの対応がかなり限られてしまいます。

ゼニカル

妊娠・授乳期間の毛の処理方法は?

ここまで妊娠・授乳期間の脱毛治療のNGについてご紹介しましたが、妊娠・授乳期間に毛の処理をしたい場合もあると思います。ここからはに毛の処理方法についてご紹介します。

NGな処理方法

毛抜きは肌が敏感な時期の為毛穴の炎症が起きやすく、また埋没毛や肌にプツプツが出る可能性があるので避けましょう。除毛クリームやワックス脱毛なども刺激が強くにおいも強い為、妊娠・授乳中の敏感な肌や敏感な体調にはNGとなります。

またカミソリは普段使う人も多いと思いますが、妊娠・授乳期間の敏感な肌には肌トラブルが起きる可能性がある為NGとなります。

妊娠前の脱毛がオススメ

一番良いのは妊娠・授乳が始まる前に脱毛を終えることです。当院でも行っている医療脱毛ですと半永久的な効果が見込めますので、妊娠・授乳期間になる前に毛の処理を終わらせる事が出来ます。

また、脱毛が間に合わなかった場合は電気シェーバーでの処理がおすすめです。電気シェーバーを使用する際は、肌に負担をかけず傷つけないように処理をし、敏感肌用などのケアアイテムで保湿等のアフターケアは念入りにしましょう。

 

 

⇊当院医療脱毛ページはこちらから⇊

https://akiba-biyou.com/purpose/removal/ 

 

 

 

この記事を書いた人

きめ細やかなカウンセリング・診察で、
最適な治療をご提案致します。

患者さまの状態を丁寧に診察し、ご要望やお悩みをお伺いしたうえで、
お一人お一人に最適な治療プランをご提案させていただきます。
もちろん、無理な治療の押しつけは致しません。

ご不安な点・気になる点がございましたら、お気軽に何でもご相談ください。

ビクアスクリニック秋葉原

ご予約・お問い合わせ

当クリニックは完全予約制です。受診をご希望の方は、電話・メールフォームよりご予約をお願いいたします。