低用量ピル(経口避妊薬)

低用量ピル(経口避妊薬)とは?

低用量ピルは、生理日の調整や避妊薬として知られていますが、生理痛や月経前症候群などの症状を抑える効果も期待できます。

低用量ピルには、1相性と3相性があり、それぞれ黄体ホルモンの配合量が異なります。どれが合うかは目的によって異なるため、カウンセリングで相談して決めることが大切です。また、21日タイプと28日タイプがありますが当院では飲み忘れがない様に28日タイプをご用意しております。

【21日タイプ】
21日間にわたり毎日1錠ずつ服用し、7日間休薬します。

【28日タイプ】
21錠のホルモン剤と7錠の偽薬が入っており、休薬期間がないため飲み忘れにくいことがメリットです。偽薬は飲み忘れてしまっても問題ありません。

ビクアスクリニック秋葉原で取り扱い中の低用量ピル(経口避妊薬)

ファボワール錠28

ファボワール錠28は、1相性ピルで黄体ホルモンの配合が21錠同量(7錠は偽薬)です。生理日の調整に便利です。また、男性ホルモンの作用がほとんど無くニキビなどの肌荒れにも効果的です。

ラベルフィーユ28錠

ラベルフィーユ28錠は、3相性ピルで黄体ホルモンの配合が3段階に分かれております。摂取後半に向かって黄体ホルモンが増えていくので自然なホルモン分泌に近く副作用が起こりにくいです。不正出血が少なく生理不順にも効果があります。また、休薬期間に消退出血しやすく避妊の成功が確認しやすいと言われております。

こんなお悩みをお持ちの方にオススメ

  • 性行為のときコンドームだけでは避妊ができているか不安
  • 旅行の為生理日をずらしたい
  • 生理痛や月経前症候群に悩まされている
  • 肌トラブルを改善したい
  • 生理不順のために生活に支障をきたしている

低用量ピル(経口避妊薬)がおすすめの理由・特徴

  • 35歳以上、なおかつ1日15本以上喫煙する方
  • 乳がん、子宮がんの方、または疑いのある方
  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症の方
  • 心臓疾患、肝機能障害の方、または疑いのある方
  • 妊娠中、妊娠の可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 手術の4週間前、手術の2週間後の方
  • 産後4週間の方
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、片頭痛、てんかんのある方、または疑いのある方

低用量ピル(経口避妊薬)で考えられる副作用と対処法

副作用

  • 体重増加や浮腫みやすい
  • 血栓症(想定される症状:手足の痺れ、胸の痛み、激しい頭痛など)
  • 吐き気
  • 不正出血など

対処法

副作用がでても自己判断でやめてしまうのではなく、必ず医療機関を受診し、医師に判断をあおいでください。また、不正出血が長く続いたり、消退出血が2周期の間に起こらなかったりする場合も同様です。

低用量ピル(経口避妊薬)の飲み方と注意点

飲み方

当院で取り扱う28錠タイプは、1日1錠を毎日同じ時間に飲みます。28日間の服用を続け、29日目から2シート目を飲み始めてください。生理開始日から飲み始めます。およそ1週間は効果が安定しないため、それまでは他の避妊方法の併用が必要です。

服用時の注意点

飲み忘れてしまっても24時間以内であれば効果は持続されます。飲み忘れた分は前回の服薬から24時間以内に飲み直し、翌日からはその時間と同じ時間に飲み続けます。2日以上飲み忘れた場合は、次の生理が始まるまで休薬し、次の生理開始日から新しいシートを飲み始めてください。それまでは、別の方法で避妊することになります。
当院で取り扱うラベルフィーユ28とファボワール28の「4列目」は偽薬です。偽薬を飲み忘れた場合は効果に問題はありません。

なお、低用量ピルの避妊率は91~99.7%といわれており、100%避妊できるものではありません。また、性感染症を防ぐ効果もないため、性感染症予防の観点ではコンドームの使用が必要です。

施術の流れ

  1. カウンセリング
  2. 処方

施術料金

低用量ピル(経口避妊薬)
1ヶ月分3,850円
初診料3,300円

きめ細やかなカウンセリング・診察で、
最適な治療をご提案致します。

患者さまの状態を丁寧に診察し、ご要望やお悩みをお伺いしたうえで、
お一人お一人に最適な治療プランをご提案させていただきます。
もちろん、無理な治療の押しつけは致しません。

ご不安な点・気になる点がございましたら、お気軽に何でもご相談ください。

ビクアスクリニック秋葉原 (旧:秋葉原中央クリニック)

ご予約・お問い合わせ

当クリニックは完全予約制です。受診をご希望の方は、電話・メールフォームよりご予約をお願いいたします。