乳頭縮小手術

こんなお悩みをお持ちの方にオススメ

  • 生まれつき乳頭が大きくて恥ずかしい
  • 授乳で乳頭が大きくなった、または伸びてしまった
  • 乳頭を小さくして見た目のバランスのよいバストになりたい

乳頭縮小手術がおすすめの理由・特徴

  • 大きいまたは伸びた乳頭を小さくします
  • 乳管を残す方法で、将来の出産時に授乳が可能です
  • 乳頭を小さくすることで、バストのバランスを美しくします

乳頭縮小手術の詳細

乳頭の大きさや形は個人差がありますが、出産後の授乳を経て乳頭が大きくなったり、伸びたりしてしまう方がいます。乳頭が大きいことで、公衆浴場などで恥ずかしく感じられる方も少なくありません。
当クリニックの乳頭縮小術は、乳管を温存した方法で行うので、出産後の授乳機能を失わずに乳頭のサイズを小さくできます。
どちらか一方だけを選んでいただくこともできますし、どちらも同時に施術することも可能です。

乳頭の高さを改善

乳頭を低くする方法では、キノコの形のように乳頭の先端を残して、一周を切除してから縫い合わせます。

乳頭の幅を改善

乳頭の幅を小さくする方法では、乳頭の1~2ヶ所をケーキのように切除してから縫い合わせます。

乳頭の高さ・幅を同時に改善

乳頭の高さと幅をどちらも施術することも可能です。
カウンセリングの際に、患者様のお悩みをお聞きして、具体的な施術方法について決定します。
乳頭縮小手術は、患者様の主観的な仕上がりを保証するものではありません。わずかな変化のために、何度も手術を受けるのはおすすめしません。
また、手術後の過ごし方が大切なので、医師やスタッフの指示をしっかり守りましょう。

施術情報・ダウンタイム

ダウンタイム1週間程度

施術の流れ

  1. カウンセリング
  2. 局所麻酔
  3. 手術

施術後の注意点

  • 麻酔後2~3時間で痛みを生じますので、処方された痛み止めを内服してください。
  • 数日はにじむような出血がありますが、時間の経過とともに落ち着きます。手術後24時間は運動やサウナなど、体を温めることは控えましょう。傷口からの出血が止まらない場合は、クリニックまで連絡してください。
  • 血液が傷の内側にたまっている状態です。手術後24時間は体を温めることは控えて、圧迫をしっかり行ってください。
  • 傷口や傷口周囲を必要以上に触ったり、引っ張たりして負担をかけると、傷が開いてしまうことがあるので、安静を心がけてください。
  • 手術後2~3日後をピークに、1週間は腫れが生じます。時間の経過とともに落ち着いてきますが、完全に腫れが引くまで1ヵ月程度かかります。
  • 手術後24時間は運動やサウナなど、体を温めることは控えましょう。傷口からの出血が止まらない場合は、クリニックまで連絡してください。
  • 手術後24時間後にテープとガーゼを剥がしてください。清潔にした後に軟膏を塗り、ガーゼを貼る処置を、1日1回、抜糸が終わるまで行ってください。
入浴手術後24時間は傷口を覆うテープを濡らさないようにしてください。24時間後以降からシャワー浴が可能です。石けんやボディソープをよく泡立て、傷をなぞるように優しく洗いましょう。入浴は抜糸の翌日から行えます。
内出血1~2週間で落ち着いてきます。
しびれ傷口や傷口周囲の感覚が鈍ったり、しびれを感じたりすることがありますが、通常は3ヵ月ほどで改善します。
炎症や感染炎症や感染を予防するために、傷口や傷口周囲を必要以上に触らず、清潔に保つようにしてください
処置手術後24時間後にテープとガーゼを剥がしてください。清潔にした後に軟膏を塗り、ガーゼを貼る処置を、1日1回、抜糸が終わるまで行ってください。

施術料金

乳頭縮小手術
片側 90,000円~(99,000)
両側150,000円~(165,000)

きめ細やかなカウンセリング・診察で、
最適な治療をご提案致します。

患者さまの状態を丁寧に診察し、ご要望やお悩みをお伺いしたうえで、
お一人お一人に最適な治療プランをご提案させていただきます。
もちろん、無理な治療の押しつけは致しません。

ご不安な点・気になる点がございましたら、お気軽に何でもご相談ください。

ビクアスクリニック秋葉原 (旧:秋葉原中央クリニック)

ご予約・お問い合わせ

当クリニックは完全予約制です。受診をご希望の方は、電話・メールフォームよりご予約をお願いいたします。