診療項目カテゴリー ワキガ・多汗症|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

ワキガ・多汗症

わきが・多汗症とは?

わきがは、汗を出す汗腺のうち、アポクリン腺から分泌される汗によって独特のニオイが発生する状態です。

多汗症は、もう1つの汗腺であるエクリン腺から汗が多量に出る状態となっており、両者には明確な違いがあります。

わきがの方はアポクリン腺の数が多いため、不純物が混ざった汗を皮膚の常在菌が分解し、独特なニオイを発生させます。そのため、汗の量が増えるわけではなく、単純に汗のニオイが独特なだけです。それに対して多汗症は、無臭の汗が大量に分泌されます。

人は、体温が上がると汗をかいて熱を発散させ、体温を一定に保っています。また、緊張したときや辛いものを食べたときにも汗が分泌されるのですが、多汗症の方は必要以上に汗をかいてしまいます。

こんなお悩みの人におすすめの施術です

  • わきがのにおいで人から敬遠される
  • わきがや多汗症で人付き合いに支障をきたしている
  • 汗が気になって人と握手できない
  • 異性にニオイや汗の量を指摘された
  • 紙を持つと濡れたり湿ったりする

わきが・多汗症の治療法

ビューホットという機器を使った方法やボトックス注射、汗腺を取り除く外科手術、汗止め制汗剤などの治療法があります。身体への負担や費用、効果の持続期間が異なります。

切る治療

わきが・多汗症の切る治療では、メスでわきを切開し、多汗症の原因となるエクリン腺と、わきがの原因となるアポクリン腺を取り除きます。汗をかかなくすることで、わきがと多汗症の両方を治療できます。ボトックス注射による一時的な治療とは異なり、半永久的な効果が期待できます。ただし、切開したところに傷跡が残る可能性があるため、メリットとデメリットの両方を踏まえてご検討ください。

切らない治療

切らない治療には、ボトックス注射とビューホットがあります。ボトックス注射は、ボツリヌストキシンという薬をわきに注射することで、汗の量を抑える治療法です。汗が一時的に減少し、効果は3~6ヶ月続きます。効果が現れるのは、ボトックス注射の4~7日目です。

ビューホットは、アポクリン腺とエクリン腺をRF(高周波)で凝縮し、汗の量を抑える治療法です。全ての汗腺に作用するわけではないため、完治はしません。本来の5割程度のにおいの消失を実感できるでしょう。

針で直接熱を送り込むため、皮膚に触れる部分を冷却しながら治療し、治療後にも冷却します。それでも、かゆみやほてり、赤みなどの副作用が現れる可能性があります。また、ビューホットは1回の照射で効果が期待できますが、場合によっては2回の照射が必要です。

秋葉原中央クリニック×ビューホット

ビューホットは、高周波によってエクリン腺の働きを押さえ、アポクリン腺を熱で凝縮させる治療法です。秋葉原中央クリニックで行っておりますので、ご相談ください。

メスを使ってアポクリン腺を取り除く方法がありますが、ビューホットはメスを使う必要がありません。そのため、身体への負担も少なく、わきがと多汗症の症状を抑えられます。

施術料金

初診料・再診料・デザイン料無料

料金表はこちら

予約・お問い合わせフォーム
0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ