ピコWレーザーフェイシャル|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

こんなお悩みにおすすめの施術です

  • たるみ毛穴が目立ってメイクで隠しきれない
  • 顔全体にハリが無く老けて見られる
  • 顔のくすみが原因でどんよりしてみえる
  • 笑うと目元の小じわが気になる

ピコWレーザーフェイシャルがおすすめの理由・特徴

  • たるみ毛穴が引き締まり化粧ノリが良くなります
  • 顔全体がトーンアップし明るく見えます
  • 目元の小じわが目立たなくなります
  • ダウンタイムが少なくお化粧して帰れます
  • 定期的な施術でエイジングケアできます

ピコWレーザーフェイシャルとは?

ピコWレーザーフェイシャルとは、ピコレーザートーニングとレーザーフェイシャルを併用した施術です。ピコレーザートーニング後にレーザーフェイシャルを行うことで、年齢による、たるみ毛穴・キメ・ハリ・くすみなどの肌をトータルケアできます。

施術の詳細

ピコレーザートーニングでは、肌の代謝を促して、くすみや肌のキメにアプローチします。そして、レーザーフェイシャルで小じわの改善や毛穴の引き締めなど、さまざまな肌の悩みのケアが可能です。また、肌の奥深くにある真皮層の細胞にもアプローチすることで、コラーゲンの生産を活性化させます。コラーゲンは肌を支える成分のため、肌のハリや艶にも対処できます。

ピコWレーザーフェイシャルを4週間に1度のペースで定期的に受けることで、加齢によって起こるさまざまなトラブルのケアが可能です。肌は、加齢とともに老化が進み、小じわや毛穴開き、ハリ不足などさまざまなトラブルが起こるため、定期的なケアをおすすめします。

また、ピコレーザーは1ピコ秒という非常に短い時間の照射が可能なため、痛みが少ないことが特徴です。基本的に、麻酔の必要はありません。

施術の流れとダウンタイム

  1. カウンセリング
  2. 照射
  3. アフターケア

ダウンタイム

  • ダウンタイムはほとんどありません。
  • 施術後は普段どおりにメイクをしてお帰りいただけます。
  • 赤みが出る場合がありますが、通常数時間で治まります。

術後の注意点

注意点は特にありませんが、赤みが治まらない場合など気になることがあればご連絡ください。

施術料金

料金表はこちら

ドクター紹介
About Doctor

院長 植木 健太郎

院長 植木 健太郎

  • 2011年 福岡大学 医学部  卒業
  • 2011年 福岡大学病院 研修医 開始
  • 2013年 福岡大学病院 形成外科 入職
  • 2014年 神奈川県立こども医療センター 形成外科 入職
  • 2015年 京都大学医学部付属病院 形成外科 入職
  • 2017年 大阪赤十字病院 形成外科 入職
  • 2018年 福岡山王病院 形成外科 入職
  • 2020年 秋葉原中央クリニック 入職
  • 2021年 秋葉原中央クリニック 院長就任

「所属学会・資格」

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員
予約・お問い合わせフォーム

院長 植木 健太郎

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員

院長プロフィールはこちら

0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ