ルグゼバイブ|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

こんなお悩みにおすすめの施術です

ルグゼバイブがおすすめの理由・特徴

施術の詳細

年齢を重ねると、いつの間にか髪全体のボリュームが減り、地肌が目立ってきたり、ヘアスタイルがうまくまとまらなくなったりすることがあります。これは急激な抜け毛によるもので、これによって髪が薄くなった状態を「びまん性脱毛症」と呼びます。

急激な抜け毛が起こる大きな原因は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少や無理なダイエットによる栄養不足です。つまり、びまん性脱毛症は、ある程度年齢を重ねた女性やダイエット経験者であればであれば、誰にでも起こり得る症状だということです。

そして、ここで気をつけなくてはならないのは、びまん性脱毛症は進行性の脱毛症であるため、なにもせずに放置していると、どんどん症状が進行する可能性があるということです。また、びまん性脱毛症は身体の内部に生じた問題が大きな原因であるため、育毛剤などでは改善することが難しいことがあります。それは、この症状を改善するためにはヘアサイクルを正常な状態に近づける必要があり、育毛剤で外部からケアを行うだけでは十分だといえないからです。

そのようなときにはいち早く身体の内部に働きかけるケアを行うことが大切で、それに役立つのが、今回ご紹介するルグゼバイブです。上記でご紹介したとおり、ルグゼバイブには女性の身体が喜ぶ成分がたっぷりと配合されていますので、身体の内部からじっくりとエイジングケアを行いたい方におすすめです。

秋葉原中央クリニックは、国内でいち早くルグゼバイブを取り入れた毛髪再生認定施設です。熟練した専門医による治療を受けることができます。育毛剤では改善できない抜け毛や薄毛でお困りでしたら、ルグゼバイブによる治療を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

施術の流れとダウンタイム

ダウンタイム

  • 内服薬であるためダウンタイムはありません。

※ルグゼバイブによるアレルギーの報告は現在までに挙がっていませんが、頭皮に異常を感じた際には直ちに服用を中止して、処方を受けた医師に相談してください。

服用時の注意点

  • 1回1粒・1日3回水で服用。
  • 3カ月以上の継続を推奨(メーカー推奨期間)。
  • 12歳以下のお子様の服用は推奨されていません。
  • 病気治療などに於いて薬を服用中の方、妊娠中、授乳中の方はかかりつけの医師に相談の上で服用する必要があります。
  • 医薬品アレルギーや含有成分に対するアレルギーをお持ちの方は服用できません。

施術料金

料金表はこちら

ドクター紹介
About Doctor

院長 植木 健太郎

院長 植木 健太郎

  • 2011年 福岡大学 医学部  卒業
  • 2011年 福岡大学病院 研修医 開始
  • 2013年 福岡大学病院 形成外科 入職
  • 2014年 神奈川県立こども医療センター 形成外科 入職
  • 2015年 京都大学医学部付属病院 形成外科 入職
  • 2017年 大阪赤十字病院 形成外科 入職
  • 2018年 福岡山王病院 形成外科 入職
  • 2020年 秋葉原中央クリニック 入職
  • 2021年 秋葉原中央クリニック 院長就任

「所属学会・資格」

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員
予約・お問い合わせフォーム

院長 植木 健太郎

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員

院長プロフィールはこちら

0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ