涙袋形成術|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

こんなお悩みにおすすめの施術です

  • 目が細くてきつい印象を与えてしまっている
  • 優しい印象を与えたい
  • 女性らしさを与えられる目元になりたい

涙袋形成術がおすすめの理由・特徴

  • 涙袋を作ることで優しい目元になれる
  • 時間が経つにつれて元に戻るため気軽に受けられる
  • 若々しい印象を与えられる

施術の詳細

一般的に理想とされる芸能人やアイドルの目元には、涙袋があります。そのため、芸能人やアイドルにあこがれて、涙袋形成を希望する方が多くなってきています。

涙袋形成術は、ヒアルロン酸を下まぶたの下あたりに注入することで人工的に涙袋を作る施術です。涙袋はメイクで作ることも可能ですが、摩擦で色素沈着が起こるリスクがある他、毎日のメイクに時間がかかってします。
涙袋形成術を受けることで、メイクで作る手間や時間、リスクなど様々な問題を解消できるのです。

ヒアルロン酸が安全な成分なのか心配な方もいますが、ヒアルロン酸は身体に存在する成分であるため、アレルギーなどが起こる心配はほとんどありません。
また、ヒアルロン酸は時間が経つにつれて身体に吸収されるため、涙袋が気に入らなくても、修正術などを受ける必要がないということもメリットです。

施術の流れとダウンタイム

  1. カウンセリング
  2. 施術
  3. アフターケア

ダウンタイム

  • 1日間~3日間程度

術後の注意点

  • 当日からシャワーや洗顔が可能です。
  • 当日からメイクが可能です。
  • 入浴とサウナは翌日から可能となります。
  • 飲酒や運動は翌日から可能です。
  • マッサージは行わないでください。

施術料金

料金表はこちら

ドクター紹介
About Doctor

院長 植木 健太郎

院長 植木 健太郎

  • 2011年 福岡大学 医学部  卒業
  • 2011年 福岡大学病院 研修医 開始
  • 2013年 福岡大学病院 形成外科 入職
  • 2014年 神奈川県立こども医療センター 形成外科 入職
  • 2015年 京都大学医学部付属病院 形成外科 入職
  • 2017年 大阪赤十字病院 形成外科 入職
  • 2018年 福岡山王病院 形成外科 入職
  • 2020年 秋葉原中央クリニック 入職
  • 2021年 秋葉原中央クリニック 院長就任

「所属学会・資格」

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員
予約・お問い合わせフォーム

院長 植木 健太郎

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員

院長プロフィールはこちら

0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ