医療ピアス 穴とじ修正|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

こんな方におすすめの施術です

  • 重いピアスで広がった穴を塞ぎたい
  • 転職や結婚を機にできるだけ早くピアス穴を閉じたい
  • 穴を放置していたら、傷痕が目立つ状態で塞がってしまった
  • しばらくピアスをつけなくなったのに穴が閉じない
  • ピアス穴の位置を変えたい
  • 大きいピアス穴をキレイに塞ぎたい

医療ピアス 穴とじ修正がおすすめの理由・特徴

  • 穴のサイズや傷の状態から仕上がりがキレイな修正方法が選べる
  • 自力では閉じない大きなピアス穴でも塞げる
  • しこりやデコボコなどの目立つ傷痕もキレイに整える
  • 左右で耳の形が違ってもバランスを合わせて修正できる
  • 1回の手術で済むので、治療完了までの目安がつきやすい

施術の詳細

ピアスの穴は、開けてからの期間が短ければ自然に塞がることもありますが、開けてから長い期間が経過している穴や拡張した大きなサイズの穴はほとんどの場合、自然には塞がりません。

仕事の都合やプライベートでピアスの穴を閉じる必要がある方には、医療機関でピアス穴とじ修正を受けることをお勧めいたします。

大きく開いたピアス穴も盛り上がって変形した傷痕も、穴閉じ修正なら目立たなくすることができます。

穴閉じ修正の治療はメスを使用して、ピアス穴で硬くなった周囲の皮膚を浅く切り取ります。そのあと傷口が目立ちにくくなる方法で縫い合わせることで、穴を閉じるだけでなく見た目にも美しい耳たぶに仕上げます。

穴の大きさや箇所にもよりますが30分程で終わる簡単な治療で、局所麻酔を使うため手術中に痛みを感じることはほとんどありません。

ピアス穴とじ修正は一度で終わる治療ですが、術後は傷痕が目立たなくなるまで最低3カ月程掛かります。事情があって少しでも早くピアス穴を閉じたい方は、お早めにご来院ください。

また、ケロイド体質の方は傷痕がケロイドになることがあります。
現在、ケロイド体質などを完全に証明する検査が無いことをご了承くださいませ。

医療ピアス 穴とじ修正 対応箇所

穴とじ修正 Q&A

Q:傷痕は残りますか?

A:最終的には白く細い一本の線で傷が残りますが目立ちにくいかと思います。手術後、3ヶ月程度は赤みが残りますが次第に目立たなくなります。

Q:非常に大きなピアス穴ですが塞げますか?

A:必ず塞げるとは断定できませんが、皮膚にある程度の余裕(皮膚のたるみ)があれば塞ぐことは可能です。

Q:耳たぶが変形する心配はありませんか?

A:穴が大きい場合は変形する可能性も否定できません。もし左右差が気になるときには、どちらかにバランスを合わせて治療することができます。この場合、治療を複数回に分けて行うこともあります。

施術の流れとダウンタイム

  1. カウンセリング
  2. 局所麻酔
  3. 施術
  4. アフターケア

ダウンタイム

7日間~10日間程度

  • 7日間~10日間程度に傷の状態に合わせて抜糸をします。
  • 腫れは術後2~3日がピークで、1~2週間かけて落ち着いていきます。
  • 通常、手術による傷痕は3ヶ月程度赤みが続きます。
  • 手術後、体質によっては赤みや盛り上がりが生じる可能性があります。ご希望があれば追加治療もでき、ある程度の改善が見込めます。

術後の注意点

  • シャワー、入浴は手術の翌日から可能ですが、医師の指示が出るまで傷口は濡らさないようにお願いします。
  • できるだけ耳たぶを刺激しないように、傷の安静を心がけてください。
  • 7~10日後に抜糸します。
  • 傷の上にテープを貼る処置は傷痕の仕上がりに大きく影響します。医師の指示を守ってテープを貼ってください。

施術料金

料金表はこちら

ドクター紹介
About Doctor

院長 植木 健太郎

院長 植木 健太郎

  • 2011年 福岡大学 医学部  卒業
  • 2011年 福岡大学病院 研修医 開始
  • 2013年 福岡大学病院 形成外科 入職
  • 2014年 神奈川県立こども医療センター 形成外科 入職
  • 2015年 京都大学医学部付属病院 形成外科 入職
  • 2017年 大阪赤十字病院 形成外科 入職
  • 2018年 福岡山王病院 形成外科 入職
  • 2020年 秋葉原中央クリニック 入職
  • 2021年 秋葉原中央クリニック 院長就任

「所属学会・資格」

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員
予約・お問い合わせフォーム

院長 植木 健太郎

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員

院長プロフィールはこちら

0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ