多汗症ボトックス注射|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

多汗症ボトックス注射

こんなお悩みにおすすめの施術です

  • 頭部/ボディ/デリケートゾーンなど汗量が多い
  • 頭部から汗が流れ出る
  • 背中の汗で服が濡れてしまう
  • 手のひらや足に大量に汗をかく状態に悩まされている
  • 乳輪の感度を抑えたい
  • すぐに効果を感じたい
  • メスを使用せず体に負担の少ない治療を探している
  • 治療による傷跡を残したくない
  • 通院できない/治療翌日から仕事に復帰したい

ボトックス注射がおすすめの理由・特徴

  • 通院の必要がない
  • 手術ではないためダウンタイムがほとんどない
  • 施術時間が短い
  • 3~6カ月程度効果が持続する
  • 治療当日からシャワーと入浴が可能
  • 日常生活の制限なし

施術の詳細

ボトックスは、ボツリヌストキシンという菌がつくるタンパク質から生成した成分を皮下に注入し、汗腺の働きを抑える治療です。この治療は手術のように皮膚を切開することがないため、ダウンタイムはほとんどなく、日常生活に支障をきたす心配もありません。

また、治療時間は部位にもよりますが約10~20分程ですので、学校帰りやお勤め帰りなどに気軽に受けていただけるというメリットがあります。さらに、手術よりも費用は安価、効果は約3~6カ月程度持続しますので、経済的な負担を最小限にしたい方や一時的に汗を抑制したい方にお勧めです。

なお、当院では注射針が苦手な方の対応策として、メディジェット注入法という新技術も導入しております。この方法は、ボトックス注射には興味があっても注射の痛みが心配という方におすすめの方法ですので、詳細につきましては遠慮なくカウンセリングにてお尋ねください。

ボトックス注射対応箇所

当院のボトックス注射対応箇所は次のとおりです。
※ボトックス注射は 多汗症の改善以外にも 小顔・痩身、しわ改善、口元改善 の目的で用いられます。

FACE

BODY



頭部はえぎわ(汗) 額(しわ) 目尻(しわ) エラ(小顔) 口角(口元) 眉間(しわ) 小鼻(小顔) ガミースマイル(口元) あご(しわ) 脇(汗) デリケートゾーンVIO(汗) うなじ(汗) 乳輪(汗・感度) 手のひら(汗) えりあし(汗) 背中(汗) ふくらはぎ 足の裏(汗)

脇ボトックス

脇のボトックス注射は、多汗症の原因となるエクリン腺の働きを抑えられます。多汗症はエクリン腺が発達しており、緊張したときや辛い物を食べたとき、急な温度差などによって大量の汗をかいてしまう状態です。
臭いの原因であるアポクリン腺も発達していると、エクリン腺から分泌された汗が蒸発するときに臭いを周りに飛散させてしまう恐れがあります。ボトックス注射によってエクリン腺の働きを抑えることでワキガと多汗症の両方の改善が期待できます。

乳輪ボトックス

乳輪ボトックスは「汗の量を抑える効果」と、「感度を抑える効果」の2つの目的があります。汗で下着に汗じみが付いてしまう方や下着の摩擦で乳輪が敏感になってしまう方にお勧めの施術です。

VIOボトックス

「VIO」とは、デリケートゾーンのことです。デリケートゾーンは下着で密着されているため、熱がこもり汗を掻きやすい部位です。臭いの原因となるアポクリン腺の発達具合によっては「すそわきが」になる場合があります。ボトックス注射によってエクリン腺の働きを抑えることで、すそわきがと多汗症の両方の改善が期待できます。

頭部はえぎわボトックス

頭部はえぎわに汗を掻き、ハンカチが手放せない場合には頭部はえぎわボトックスがおすすめです。大切な打ち合わせ中やデート中などに相手に緊張している様に見られてしまったり、清潔感がないように見られてしまうなど、汗量が多いとマイナスイメージを持たれがちです。また、汗をかいてそのままにしておくとニオイの発生源となってしまいます。ボトックス注射をしておけば多汗もニオイも防げます。

えりあし・うなじボトックス

えりあしやうなじから滴るように汗をかいてしまって悩んでいる場合には、えりあし・うなじボトックス注射がおすすめです。この部位に汗をかいてしまうと、衣服の首元の汗ジミが気になって着られる洋服も制限されてしまうもの。また、えりあしやうなじ付近に汗をかくと、髪の毛がまとわりつく不快感にも悩まされてしまいます。人によっては汗と髪の毛の影響でかゆみがでたりする場合もあります。えりあし・うなじの汗もボトックス注射で改善します。

背中ボトックス

夏も冬も関係なく背中に大量の汗をかいてしまう場合には、背中ボトックス注射がおすすめです。洋服の背中部分が汗でびっしょりになってしまうので、人の目も気になる方も多いでしょう。また、汗をよく拭き取れないことでニキビなど肌荒れの原因となってしまうことも。背中の多汗もボトックス注射で改善します。

手のひら・足のひらボトックス

緊張したときに手のひらに汗をかくのは誰にでもあるのですが、普段から手のひらや足に大量に汗をかいてしまう場合は、手のひら・足のひらボトックス注射をおすすめします。
手のひらに汗をかくことで書類が濡れてしまったり、握手ができないなどの弊害が発生します。また、足に汗をかくことで靴の中が蒸れてニオイの発生源になってしまいます。手のひらも足のひらもボトックス注射で汗の制御は可能です。

施術の流れとダウンタイム

  1. カウンセラーによるカウンセリング
  2. 医師による診察
  3. 治療

ダウンタイム

  • ダウンタイムは3日~7日程度

術後の注意点

  • 薬液を定着させる必要があるため、術後のマッサージは行えません。
  • 注射後に少々出血することがありますが、ガーゼ等で押さえることで間もなく止血します。
  • 治療後すぐに効果は現れず、2~14日後をめどに徐々に効果が現れてきます。

※妊娠を予定している方はボトックス注射をお受けいただけません。
※脊髄や末梢神経に疾患をお持ちの方は治療をお受けいただけないことがあります。
※過去にボトックス注射でアレルギー反応が現れた方、もしくはアレルギー体質の方は事前に医師にご相談ください。

施術料金

初診料・再診料・デザイン料無料

料金表はこちら

予約・お問い合わせフォーム
0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ