アートメイク除去|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

こんなお悩みにおすすめの施術です

  • 過去に入れたアートメイクが似合わなくなってきた
  • 失敗のような不自然な見た目のアートメイクを消したい
  • 他院のアートメイク除去でまだらになってしまった
  • アートメイクを部分的に消したい
  • アートメイクを今後入れ直したい

アートメイク除去がおすすめの理由・特徴

  • 気に入らない仕上がりのアートメイクを除去します
  • 傷が残りにくいためアートメイクの入れ直しができます
  • 部分的にレーザーを照射することがきます
  • アートメイクを除去してナチュラルな顔に戻れます

アートメイク除去の詳細

アートメイクは皮膚の新陳代謝と共に次第に薄くなりますが、完全に消えることはありません。特に流行に左右されやすいアートメイクは、数年たつとデザインが時代に合わなくなったと感じる方も多く、入れなおしたいと希望されるケースが増えてきています。

アートメイクを除去するには専用のレーザー等で皮膚の中に埋め込まれた色素を破壊する、もしくは手術による切除などの方法があります。

当クリニックでは、キュテラ社の最新のピコレーザー(エンライトン)を使用して、アートメイクの除去を行っています。ピコレーザーは、ピコ秒(1000億分の1秒)という短い時間にレーザー照射するため、皮膚への熱ダメージを抑えながらアートメイクの色素を破壊できるレーザーです。

アートメイクを綺麗に除去するには、すべての色素を破壊しなければなりません。アートメイクで用いられるインクの色素のサイズはさまざまあり、小さい粒子が破壊されずに残ることがあります。そのため、従来のレーザーでは、アートメイク除去の施術後もまだらに残ってしまうケースがありました。ピコレーザーエンライトンは、2種類のパルス幅のレーザー照射をすることで、他のレーザーで難しい小さい粒子の色素まで破壊することができます。
※アートメイクを綺麗に消すには、複数回の施術を受ける必要があります。

アートメイク除去部位について

当クリニックでは、眉・アイライン・ほくろのアートメイク除去を行っています(リップラインは対応していません)。眉毛のアートメイク除去の場合、レーザーの照射部位の毛は剃る必要があります。

また、アイラインのアートメイク除去はまつ毛の際まで行うことができますが、まつ毛が薄くなったり生えにくくなるリスクがあります。※アイラインの粘膜部分への照射はできません。

その場合はまつ毛専用の育毛剤(グラッシュビスタ)をおすすめいたします。グラッシュビスタは当院で購入可能です。

サロンやタトゥースタジオなどの刺青やアートメイクは、免許がないのに行っているケースも少なくありません。(※医師法や傷害行為に抵触することになります。)
ご本人の承諾を得ていても施術後に起こる様々なトラブルには対応できず、たくさんのトラブルが報告されています。

当院ではアートメイクの除去とともにデザインの修正もできますので、サロンや他院のアートメイクの仕上がりに満足ができなかった方もご相談ください。

また、一人でも多くの患者様が笑顔になれるように、カウンセリングから施術、アフターケアまで丁寧に行っております。どうぞご安心してお越しください。

施術の流れとダウンタイム

  1. カウンセリング
  2. デザインの決定
  3. 麻酔(※ご希望の方のみ。別途麻酔代あり。)
  4. アートメイク除去の施術
  5. ダウンタイム: 1~2週間

術後の注意点

  • 施術後は患部に専用のパットまたはテープを貼りますので、目元の施術には帰宅時にサングラスをご使用されると目立ちにくくなります。
  • 24時間はパットやテープをはがさず、濡らさないようにしてください。患部がジュクジュクしなくなるまで1日1回、ご自宅で簡単な処置(清潔にした患部に軟膏を塗り、新しいテープやパットを貼る)が必要です。
  • 施術当日に痛みを強く感じる場合は、保冷剤を布類で包んだもので、患部を冷やして下さい(5分程度)。長時間冷やすと、凍傷や色素沈着の原因になることがあります。
  • 施術から24時間後より洗顔・シャワーが可能です。石けんの泡で優しく洗い、ジュクジュクした部位が湯船に浸からないようにしてください。
  • 施術後24時間は、激しい運動、サウナなどの汗をかかないようにしてください。
  • 施術後24時間は、患部を掻いたりこすったりなどの強い刺激は避けるようにしてください。
  • 日焼けや乾燥による刺激も治療の経過に影響します。UV対策や保湿をしっかりと行ってください。
  • 皮膚の状態にもよりますが、1~2ヵ月の間隔をあけてから次回の施術が可能です。
  • アイラインの施術を受ける方で、コンタクトをご使用している場合、施術後1週間は眼鏡を使用するようにしてください。

施術料金

料金表はこちら

ドクター紹介
About Doctor

院長 植木 健太郎

院長 植木 健太郎

  • 2011年 福岡大学 医学部  卒業
  • 2011年 福岡大学病院 研修医 開始
  • 2013年 福岡大学病院 形成外科 入職
  • 2014年 神奈川県立こども医療センター 形成外科 入職
  • 2015年 京都大学医学部付属病院 形成外科 入職
  • 2017年 大阪赤十字病院 形成外科 入職
  • 2018年 福岡山王病院 形成外科 入職
  • 2020年 秋葉原中央クリニック 入職
  • 2021年 秋葉原中央クリニック 院長就任

「所属学会・資格」

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員
予約・お問い合わせフォーム

院長 植木 健太郎

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員

院長プロフィールはこちら

0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ