ピコフラクショナルレーザー(アグレッシブ)|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

こんなお悩みにおすすめの施術です

        

  • 毛穴が目立って悩んでいる
  • ニキビ痕の凹凸が気になる
  • 小じわが増えて老けた印象を与えている
  • 肌がくすんで透明感が失われている
  • 肌質を改善して美肌を目指したい
  • 素肌に自信を持ちたい

ピコフラクショナルレーザー(アグレッシブ)がおすすめの理由・特徴

  • 毛穴が引き締まり化粧ノリが良くなります
  • にきび痕の凹凸を改善します
  • 肌のキメを整えつつハリを与えます
  • くすみをケアして透明感のある肌へと導きます
  • 1度で目に見える効果がでます

ピコフラクショナルレーザー(アグレッシブ)とは?

ピコフラクショナルレーザー(アグレッシブ)とは、ピコレーザーを使用したフラクショナルレーザー治療のことです。
フラクショナルレーザーとは皮膚の表皮層~真皮層に非常に小さな穴を無数に空けることで肌の生まれ変わりを促し、新しい肌へと入れ替えていく治療です。
ピコレーザーを使用したフラクショナルレーザーは、表皮層に穴をあけずに真皮層のみに空洞を作ることによってお肌の負担を抑えながら肌の入れ替を可能とした治療です。
穴を開けない為、従来よりダウンタイムや赤みが少ないです。

施術の詳細

ピコフラクショナルレーザー(アグレッシブ)に使用するピコレーザーは、1,000億分の1秒を表す1ピコ秒の照射が可能です。キレのあるレーザーですので、周辺組織へのダメージを減らし赤みが出にくいのが特徴です。
治療はクリーム麻酔を塗布し、30分程お待ち頂いてから照射します。照射時間は20分程です。当院ではこのピコフラクショナル(アグレッシブ)の治療後にプラセンタを高配合したクーリングマスクで保湿したします。

ピコフラクショナルレーザー(アグレッシブ)で肌の生まれ変わりを促すことで、肌に沈着したメラニン色素の排出も促せます。その結果、シミやくすみが薄くなったり肌のキメが整ったりするのです。また、肌を支えるコラーゲンの生産量を増やすことで、肌のハリにアプローチできます。

このように、シミやくすみ、毛穴開き、小じわなど、年齢肌トラブルを一度にケアできることが特徴です。

施術の流れとダウンタイム

  1. カウンセリング
  2. クリーム麻酔
  3. 照射
  4. プラセンタマスククーリング
  5. アフターケア

ダウンタイム

  • 1日~5日程赤みが続きます。
  • 施術後は肌が赤くなりますがアフターケアで治まります。

術後の注意点

  • 腫れや傷跡はありません。
  • メイクは赤みが引いてからとなります。
  • シャワーと入浴は当日から可能です。
  • 術後数日間は施術箇所を強くこすらないでください。

施術料金

料金表はこちら

ドクター紹介
About Doctor

院長 植木 健太郎

院長 植木 健太郎

  • 2011年 福岡大学 医学部  卒業
  • 2011年 福岡大学病院 研修医 開始
  • 2013年 福岡大学病院 形成外科 入職
  • 2014年 神奈川県立こども医療センター 形成外科 入職
  • 2015年 京都大学医学部付属病院 形成外科 入職
  • 2017年 大阪赤十字病院 形成外科 入職
  • 2018年 福岡山王病院 形成外科 入職
  • 2020年 秋葉原中央クリニック 入職
  • 2021年 秋葉原中央クリニック 院長就任

「所属学会・資格」

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員
予約・お問い合わせフォーム

院長 植木 健太郎

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員

院長プロフィールはこちら

0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ