小陰唇縮小・副皮除去術|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

小陰唇縮小・副皮除去術

こんなお悩みにおすすめの施術です

  • 左右差をなくしたい
  • 小陰唇がショーツからはみ出てしまう
  • 自転車に乗る時に擦れて痛い
  • 小陰唇のボリュームと同時に黒ずみも取りたい
  • 小陰唇の形をパートナーに指摘された

小陰唇縮小がおすすめの理由・特徴

  • 小陰唇の大きさと形を整えられコンプレックスを解消できます
  • 月経中の不快感が減ります
  • 同時に副皮も切除できます
  • 傷が目立ちにくくバレにくいです

施術の詳細

小陰唇縮小術は、小陰唇の形や大きさにコンプレックス持つ方の悩みに寄り添った施術です。
小陰唇はなかなか人に見られることはなくても、本人にとっては悩みの種になる場合があります。

パートナーから指摘され傷ついたり、性交渉に支障をきたしたり、日常生活で不便を感じることもあるでしょう。小陰唇の形や大きさには個人差があり、中には小陰唇肥大と呼ばれる大きさの方もいます。

小陰唇縮小術は、余分な小陰唇の皮膚を切除することで形や大きさを整えます。同時にクリトリスの周囲にある副皮も切除してスッキリさせることが可能です。
確かな技術を持つ医師が施術し、確実に縫い合わせます。なお、施術後に膣の機能に悪影響が及ぶ心配はありません。

また、施術時には麻酔をするため、切除の際に痛みを感じることはありません。傷が治りやすい箇所ですので傷が目立ちにくいこともこの治療が人気の特徴です。

小陰唇縮小術は切除して縫合するため、もとに戻ることはありません。一度、受けるだけで小陰唇の形や大きさによるコンプレックスの解消が期待できます。

施術の流れとダウンタイム

  1. カウンセリング
  2. デザイン
  3. 局所麻酔
  4. 余分な組織を切除
  5. 縫合

ダウンタイム:7日間~14日間程度

術後の注意点

  • 術後24時間は患部を濡らさないでください。シャワーは24時間後から可能です。
  • 施術部は、石鹸を泡立てて優しく洗い、よくすすいでください。
  • 入浴は抜糸の翌日から可能です。
  • 施術から24時間後にガーゼをはがします。施術部を清潔にし、軟膏を塗ってからガーゼやナプキンをあてます。
  • 施術の翌日~3日目はナプキン、ガーゼ、ガードルで施術部を圧迫してください。
  • 4日目~抜糸まではガードルの着用が必要です。
  • 自転車やバイクに乗るなど、施術部の過度な圧迫は抜糸まで避けてください。
  • 術後数日は出血しますので、ナプキンはこまめに換えてください。
  • 出血量が多い、血が止まらないなどの場合はご連絡ください。
  • 施術部が異常に腫れたり強い痛みを感じたりした場合はご連絡ください。
  • 腫れは、術後2~3日をピークに、1~2週間で落ち着きます。完全に腫れが引くまでにかかる期間は約1ヵ月です。
  • 症状が長期間にわたって続いたり不安に感じたりする場合はご連絡ください。

施術料金

初診料・再診料・デザイン料無料

料金表はこちら

予約・お問い合わせフォーム
0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ