切除法(ほくろ・イボ)|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

こんなお悩みにおすすめの施術です

  • 5㎜以上の盛り上がったほくろやイボがある
  • メイクで隠しきれない
  • 髭剃りの時に引っ掻けてしまう
  • 顔の印象を変えたい
  • 盛り上がったほくろやイボが下着に擦れて痛い
  • 再発したくない

ほくろ・イボの切除法がおすすめの理由・特徴

  • 局所麻酔を使用した20分程の簡単な治療です
  • 再発のリスクが少ないです
  • 日常生活の引っ掛かるストレスが無くなります
  • 大きなほくろやイボを取ると顔の印象が変わります
  • 傷はしわに沿って作るため、傷跡は時間の経過とともに目立たなくなります
  • 通院は術後1週間後の抜糸のみです

ほくろ・イボとは?

ほくろとイボは、どちらも顔や身体など部位を問わず発生します。ほくろは、黒や褐色をしており、小さな点のようなものから大きなものまで様々です。原因は先天性のものと紫外線などによる後天性のものがあります。

イボは、褐色や肌色をしたもので、大きさはさまざまです。大きいものでは数cmに及ぶこともあるため、コンプレックスになりやすいでしょう。原因は、皮膚の老化や紫外線などです。

切除法(ほくろ・イボ)の詳細

ほくろやイボを切開して取り除きます。傷跡を縫い合わせることで1本の線状の痕が残りますが、時間の経過とともに目立たなくなります。また、周辺にシワがある場合は、同化することで、さらに目立たなくなるでしょう。できるだけ痕が残らないように、熟練の医師が丁寧に縫合いたします。

ほくろやイボは、根本から取り除くため、再発する可能性は非常に低くなっています。コンプレックスの原因を取り除くために、ほくろやイボの切除を検討してみてください。

施術イメージ

施術の流れとダウンタイム

  1. カウンセリング
  2. 局所麻酔
  3. 切除
  4. アフターケア

ダウンタイム

  • 術後は、縫った部分が一時的に赤くなります。
  • 赤みは時間の経過とともに落ち着き、通常は3~6ヶ月ほどで薄くなります。
  • 麻酔は2時間ほどで切れてきます。痛みが強い場合は処方の痛み止めを内服してください。
  • 多少出血する場合があります。
  • 患部の腫れは、術後2~3日がピークで、1~2週間程で落ち着きます。完全に腫れが引くまでは1か月程かかります。
  • 傷・傷の周りが一時的に硬くなることがありますが、2~3カ月で落ち着きます。
  • 内出血が起きることがありますが、通常は1~2週間程で落ち着いてきます。
  • 傷口や傷口周辺の感覚が鈍ったり、痺れることがあります。時間の経過と共に落ち着き、通常は3ヶ月程で改善します。
  • 縫った痕は最終的に細く白い線になります。

術後の注意点

  • 術後は縫った傷跡に軟膏を塗り、ガーゼをあてますので、24時間は肌色のテープで圧迫したままにしてください。
  • 術後から24時間は肌色のテープとガーゼをはがさず、濡らさないでください。
  • 術後から24時間後以降に、シャワーでふやかしながら肌色のテープとガーゼをはがしてください。
  • 患部は石鹸を泡立てて傷跡をなでるように優しく洗い、泡をよく洗い流してください。
  • 抜糸の翌日まで湯船につからないようにし、サウナも控えてください。
  • 飲酒、喫煙は、抜糸までは控えてください。腫れが引きにくくなります。
  • 患部を清潔にした後、軟膏を塗ってガーゼをあててください。この処置は1日1回、抜糸まで続けてください。
  • 抜糸後は茶色いテープで傷跡を覆うように貼ってください。
  • 激しい運動や力仕事、重いものを持つなど傷口に負担のかかることは1か月控えてください。
  • 患部を強くこすったり、必要以上に触れないようにしてください。

施術料金

初診料・再診料・デザイン料無料

料金表はこちら

予約・お問い合わせフォーム
0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ