外傷性耳垂裂|【公式】秋葉原中央クリニック|美容外科、美容整形

秋葉原中央クリニック
0120-119-877
予約・お問い合わせ
メニュー

こんなお悩みにおすすめの施術です

  • 耳たぶが裂けて傷になっている
  • 耳が裂けたまま治ってしまい気になる
  • 裂けた耳たぶの形をもとのように治したい
  • 重いピアスで耳たぶが切れてしまった

外傷性耳垂裂【切除】がおすすめの理由・特徴

耳垂裂はケガやピアスなどによって耳たぶ(耳垂)が裂けてしまった状態です。そのままにしていると裂けた状態のまま傷が治ってしまい、耳たぶは2度とくっつくことはありません。裂けた耳たぶを治すには、メスで裂けて傷になっている部分の皮膚を取り除いて耳たぶの形を整えながら縫い合わせる手術が必要になります。

外傷性耳垂裂【切除】の詳細

外傷性耳垂裂(がいしょうせいじすいれつ)はメスを使った切除治療を行います。裂けた部分の傷痕をふくめた周囲の皮膚を切り取り、糸で丁寧に縫い合わせて傷を目立ちにくくさせます。
切除は傷の状態や耳たぶの大きさ、形によって「1本線」や「W形成」などの方法があり、医師の診察やご予算に応じて方法を決めていきます。
ピアスの穴が大きい場合には難しい場合もありますが、基本的には左右の耳たぶのバランスを合わせて治療いたします。

  • 1本線:1本線はそのまま直線状に縫い合わせる方法
  • W形成:傷痕をWの形に作りかえて、影を分散させて肌になじませる方法

術後は縫った傷痕に軟膏を塗り、ガーゼをあてます。医師の熟練の技術と豊富な経験により、手術後の傷は目立たなくなりますが、最低でも3ヶ月は赤みが残ります。ご都合があって早く治したいという方は、余裕をもってお早めにご相談ください。

施術の流れとダウンタイム

  1. カウンセリング
  2. 局所麻酔
  3. 手術
  4. アフターケア

抜糸は約1週間後

  • 痛み:麻酔は2時間ほどで切れてきます。痛みが強い場合は、処方した痛み止めを内服してください。
  • 出血:数日は滲むような少量の出血をする可能性があります。
  • 24時間は肌色のテープをはがさないようにしてください。患部が異常に腫れ上がる、非常に強い痛みが生じる場合はご連絡ください。
  • 腫れ:術後2~3日がピークで、1~2週間程で落ち着きます。完全に腫れが引くまでは1か月程かかります。傷・傷の周りが一時的に硬くなることがありますが、2~3カ月で落ち着きます。
  • 炎症、感染:常に患部の清潔を心掛け、安静にしてください。また、必要以上に患部に触れないようにしてください。
  • 内出血:通常は1~2週間程で落ち着いてきます。
  • 痺れ:傷口や傷口周辺の感覚が鈍ったり、痺れることがあります。時間の経過と共に落ち着き、通常は3ヶ月程で改善します。
  • 傷痕:縫った跡は完全に消えることはありませんが、時間の経過とともに目立たなくなっていきます。
  • 赤み:時間の経過とともに落ち着き、通常は3~6ヶ月ほどで薄くなります。
  • 肥厚性瘢痕:傷痕が盛り上がってくることがあり、注射など他の治療が必要な場合がありますので治療をご希望の場合はご連絡ください。
  • ケロイド:現在ケロイド体質などを完全に証明する検査はないことをご了承ください。

上記のような症状が長期間持続する場合や不安な方はクリニックまでご連絡ください。

術後の注意点

  • 24時間は肌色のテープとガーゼをはがさず、濡らさないでください。
  • 24時間後以降にシャワーでふやかしながら肌色のテープとガーゼをはがしてください。
  • 石けんを泡立てて傷をなでるように優しく洗い、よく洗い流した後、軟膏を塗ってガーゼをあててください。(1日1回、抜糸まで続けてください。)
  • 抜糸までは飲酒、喫煙は控えてください。腫れが引きにくくなります。
  • 約7~14日後に抜糸を行います。患部の状態で日にちが前後することがあります。
  • 抜糸の翌日まで湯船につからないようにし、サウナも控えてください。
  • 抜糸後は茶色いテープで傷痕を覆うように貼ってください。テープは傷に対して垂直に貼ることをお勧めいたします。自然にはがれるまではそのままにし、はがれたら貼りかえるようにしてください。3ヶ月ほど続けると傷痕がより目立ちにくくなります。

施術料金

初診料・再診料・デザイン料無料

料金表はこちら

ドクター紹介
About Doctor

院長 植木 健太郎

院長 植木 健太郎

  • 2011年 福岡大学 医学部  卒業
  • 2011年 福岡大学病院 研修医 開始
  • 2013年 福岡大学病院 形成外科 入職
  • 2014年 神奈川県立こども医療センター 形成外科 入職
  • 2015年 京都大学医学部付属病院 形成外科 入職
  • 2017年 大阪赤十字病院 形成外科 入職
  • 2018年 福岡山王病院 形成外科 入職
  • 2020年 秋葉原中央クリニック 入職
  • 2021年 秋葉原中央クリニック 院長就任

「所属学会・資格」

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員
予約・お問い合わせフォーム

院長 植木 健太郎

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会 JSAPS 正会員
  • 日本抗加齢学会 正会員

院長プロフィールはこちら

0120-654-103予約・お問合せフォームへ
診療項目

秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2-20
翔和秋葉原ビル2F

ページトップへ